m-tezukaの覚え書き

[ カテゴリー » ニュース ]

キングメーカーは二階氏か

 いよいよ自民党の総裁選挙が始まって、各候補がテレビに出演して意見を戦わせており、新聞にも関連記事が報道されている。大派閥を率いる安倍氏や麻生氏だが、今回も二階氏がキングメーカーのような気がする。なぜならば、
 
 岸田氏、河野氏が立候補を表明した時点では党員に人気のある河野氏が当選しそうだということで安倍氏が高市氏を推して河野氏の票を削り、決選投票に持ち込めば岸田氏の当選に持ち込めるとの思惑でキングメーカーを名乗り出た。
 しかし、石破氏が立候補せず河野氏を応援することを決めさらに小泉氏も河野氏を応援することになり、党員票の6割強を河野氏が獲得したりすると決選投票になったとしても河野氏の当選の可能性が出てきた。そこで、二階氏が野田氏に推薦人を送り立候補させて河野氏の党員票を削り、河野氏が1回目の投票で過半数を獲得することを阻止して決選投票に持ち込み、岸田氏を当選させる策に出た。
 
 ということで、二階氏が再びキングメーカーになりそうだ。

 

— 記述 m-tezuka at 09:39 pm   commentコメント [0] 

差別と区別を区別しよう

 ワクチンパスポートが話題になっていますね。ワクチンを2回打った人には、外に出て活動しもっと経済を回すべきだ。そのために「ワクチンパスポート」を発行したらどうか、というものだ。
 これに対して一部の人は、ワクチンを打ちたくても打てない人がいるから差別になると主張して反対している。こういう人たちは、とにかく「差別」と言えば水戸黄門の印籠のようにみんな黙ってしまうと考えているようだ。
 
 ワクチンパスポートは、コロナに「感染しやすい人」と「感染しにくい人」を区別するものである。感染しやすい人を、感染しやすい環境から遠ざけてコロナから守ろうとする試みであることが何故わからないのだろうか。
 差別と区別はしっかり区別しよう。

 

— 記述 m-tezuka at 02:01 pm   commentコメント [0] 

SNSブロック多用「問題あり」

 河野太郎大臣は自身のツイッターで特定の人からのアクセスを制限する「ブロック機能」を多用しているそうだ。誹謗中傷されて悩んでいる人はこの機能を使うべきだとし、自分の「ブロック機能多用」を正当化している。
 河野太郎は政治家だろ。誹謗中傷の中から世の中の要求を見つけ出すのも政治家の仕事ではないか。相手の言っていることを理解しようとしないと、都合の良いことしか耳に入ってこなくなり、裸の王様になってしまうよ。
 自分に都合の悪いことは聞きたくないという態度では総理大臣の器ではない。総裁選に出るべきではない。

 

— 記述 m-tezuka at 04:50 pm   commentコメント [0] 

自分のことは素早い行動

 菅総理が二階幹事長を交代するそうだ。総裁選挙対策らしい。このまま二階幹事長の影響下で戦ったら、安倍元首相や麻生副総理の協力が得られそうもないということと、対抗馬の岸田さんの党改革の争点を無くすのが狙いらしい。
 このように自分のことになると決断が素早い。コロナ対策の後手後手とは別人のようだ。
 
 またずる賢い。下村政調会長が総裁選に出馬の意向を示したところ役員をやめてから出馬しろと、出馬を取りやめさせた。その口の乾かないうちに、党役員人事を実施して支持者を増やしたいらしい。

— 記述 m-tezuka at 03:31 pm   commentコメント [0] 

予約不要は無駄が多い

 東京都は若者のウイルス接種を促進するために、予約不要の接種会場を渋谷に開設したが、東京都の予想に反して多くの若者が早朝から殺到して大混乱。急遽2日目から抽選にしたが多くの若者が集まることが収まらない。3日目の抽選は倍率3.8だったようだ。
 ということは4日通わないと抽選に当たらないということだ。すなわち3日は無駄に通わないとだめなのだ。
 
 初日にせっかく大勢の若者が会場に来たのだから、当日の予定数を超える人たちには翌日に打てるようにすれば良かったのに。こうすると予約と同じことになるので、「予約なしで打てる」というキャッチフレーズに拘った結果、若者たちの「無駄に渋谷に来る」という機会を増やしてしまった。 

 

— 記述 m-tezuka at 10:39 am   commentコメント [0] 

prev
2021.9
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 
T:042 Y:063 Total:01714 Online:01
取り留めのないことを時々書いています。
気になった記事があったらコメントを書き込んで下さい。
m-tezukaのホームページ